テスト(全国模試など)

[成果]日能研 全国公開模試ー偏差値60台キープの対策方法ー

テスト

日能研の「全国公開模試」の対策の勉強方法で
お悩みの方もいるのではないでしょうか。

今まで通算6回の「全国公開模試(4年生)」の
偏差値の結果が60台をキープしている経験を通して
「全国公開模試」の対策の勉強方法を紹介します。

本記事の内容

・全国公開模試の結果(通算6回平均)
・全国公開模試の対策
・まとめ

日能研 4年 「全国公開模試」の結果(通算6回平均)

むすこの日能研「全国公開模試」4年の2月から6月までの6回分の
「偏差値」と「点数」の結果から紹介します。

4科目偏差値(6回の平均)

・国語:60
・算数:63
・社会:60
・理科:61
・4科目:63

4科目合計点数(6回の平均)

・4科目:391点

偏差値60以上の目安の4科目合計点数

「全国公開模試」の過去6回分の結果から考察してみると
4科目の合計点数が「390点」くらい取れていれば
「偏差値」60以上になっています。

ただし、その時の問題の難易度で偏差値が変わってくるので、
確実に偏差値60以上の結果を出すためには、
4科目合計点数は「400点」以上を目標にすることをおすすめします。

ちなみに、「400点」は、満点の点数(500点)の8割の点数になりますので
目標設定にしやすい数字かなと思います。

sponsored links

全国公開模試の対策

対策

 「全国公開模試」の出題範囲

日能研の範囲がわかっている「育成テスト」とは違い、
「全国公開模試」は、範囲が少し広くなっています。

基本的にはいままで授業で学習してきた範囲ですが、
近々の1〜2ヶ月で習った範囲が多く出題されます。

各教科の勉強法

塾で学んだことを復習をしっかりと実行出来ていれば
ある程度の得点を取ること出来ます。

テストの範囲が少し広いので、ここ1〜2ヶ月で習った範囲に
目を通して確認するような形で振り返りをするだけの
復習でも効果があります。

「算数」

ここ1〜2ヶ月で習った範囲を本科テキストと復習テキスト(栄冠への道)を、
一通り復習をしてください。

余談になりますが、以前の日能研の面談で、
「中学受験では、算数の成績が重要だけど、苦手な子も多い」と聞きました。

ちなみに、むすこの場合は、小学校1年生から「そろばん」を習っているので、
「数字」に苦手意識がないので、「算数」の勉強は楽しいようです。

中学受験を始める前に、「そろばん」など「算数」関連の勉強をしておくと
「算数」の勉強に苦手意識を持つことなく勉強が出来るようになります。

<参考までに> 「算数」に苦手意識を克服するツールは、
成績アップの3つの秘密:効果で選ぶなら、RISU算数が人気があります。

「国語」

本科テキストの「読み」・「書く」ツールの語句を復習する。
「計算と漢字」テキストの漢字を音読み、訓読みの両方を出来るように復習する。

「社会」「理科」

ここ1〜2ヶ月で習った範囲を本科テキストを一通り復習する。

長文の問題が出題される傾向があります。
解答をする為には、「国語」と同様に、文章の読解力が必要がです。

国語の読解力を意識して勉強することが、「全国公開模試」の
「社会」と「理科」の点数がアップにつながると日能研の先生から
指導を受けました。

まとめ

「全国公開模試」の勉強の方法が当初は、どうすればよいのかわからず苦労しました。
基本的には、学習した内容が出題されるので復習をきちんと行っていれば
ある程度の点数は獲得出来ることがわかり安心しました。

さらにここ1〜2ヶ月の間に学んだ内容を加えて復習することで
点数がアップします。

紹介した「全国公開模試」の対策が、すべてではありませんが、
偏差値60台をキープしてきた学習法になりますので、
参考にしてみてください。