テスト(全国模試など)

[日能研] 5年 全国公開模試 5回目 成績のキープの秘訣は?

good

テストでこどもが良い結果を出した時はうれしいものです。
出来ることなら、この好調をずっとキープしてもらいたいと
思うのはないでしょうか。

ところが、現実はうまくいかないことが多いようです。
むすこのテストの結果も、良かったり、悪かったりの
繰り返しです。

継続して良い結果が出る方法はあるのでしょうか?

結論から言いますと、
多くの場合、テストの結果は、よかったり悪かったりするようです。

中学受験を経験している知り合いに聞いてみたところ、
テストの結果は、よかったり、悪かったりの繰り返しのようです。

成績をキープする秘策を求めてしまいたいところですが・・・・・
こどもに寄り添うことが、テストで良い結果を出すことが出来る
ベストの方法ではないでしょうか。

今回、むすこが継続して「全国公開模試」で良い結果が出すことが
出来たのか、紹介します。

[日能研] 5年生 第5回 全国公開模試 結果

good

<偏差値>

国語 62.7
算数 62.1
社会 61.9
理科 67.4
4科目総合 65.4

 

前回とほぼ同じ偏差値をキープすることが出来ました。
初めて良い結果を継続しました。

 

<得点>

国語 124
算数 106
社会 87
理科 76
4科目総合 393

 

日能研 全国公開模試 速報日能研 全国公開模試 速報より

 

前回と同様に「理科」の平均点が下がっていました。
むすこは、今回は「理科」の結果が良かったので
全体の偏差値の底上げが出来ました。

 

 

<順位>

4科目  415 / 10,265 人

少し順位を上げることができました。

 

sponsored links

成績をキープ出来た理由

授業の復習の徹底

何回も話をしていますが、必ず授業の振り返りと復習は
行っています。

こどもだけは復習する時間の配分やモチベーションを
キープすることが難しいので、親の役目として
すぐ側で、必要に応じてサポートしています。

苦手箇所の復習

前回、「理科」が結果がよくなかったので、
「理科」の復習を少し厚めに行いました。

今回は、その成果が出たようです。
この結果が全体の偏差値の底上げをしてくれました。

まとめ

中学受験は、長いトンネルを通っているようなものです。
そのトンネルはまっすぐではなく、曲がったり、暗かったり、
簡単に抜けることが出来ません。

このトンネルをどのように抜けられるか
努力をしたものが、トンネルを抜けた先に
合格という光を浴びることが出来るのだと思います。

決して近道はない、大変な道のりですが、
こどもと一緒に親の我々も頑張っていきましょう!