テスト(全国模試など)

日能研 新5年生 全国公開模試(第1回)結果と気づき

日能研 全国公開模試

2月から新5年の授業がスタートして、初めての全国公開模試。
4年生と変更点があったようなので、
今回は、その変更点とテストの結果と気づきをを紹介します。

<全国公開模試> 4年生から新5年生の変更点

テストの時間の時間が長くなりました。

<4年生> 「国語」「算数」ー各40分
「社会」「理科ー各25分
↓    ↓    ↓
<5年生>「国語」「算数」ー各50分
「社会」「理科」ー各30分

 

今までと時間が異なるので、時間配分を気をつけるように
お子さんに注意するように伝えてください。

sponsored links

5年生 第1回 全国公開模試 結果

<偏差値>

国語 67.5
算数 57.6
社会 69.0
理科 65.3
4科目総合 66.6

 

今回、初の4科目総合偏差値が66を超えました。

<得点>

国語 138
算数 97
社会 95
理科 82
4科目総合 412

 

日能研 全国公開模試 速報日能研 全国公開模試 速報

今回は、全体的に問題が難しかったようです。

<順位>

4科目 300 / 9,171 人

 

4科目の総合順位300番は今までで1番の順位です。

成績が上がった理由

記述問題の空白をなくすように、
意識ををして4年生の後半は取り組んだことが考えられます。
特に「国語」での成長が見られました。

日能研では、「ルーブリック評価」で自分なりの解答や発見などを
評価してくれる採点方法なので、記述問題で記入することで
点数獲得が出来ます。

気づき

弱点の認識

「算数」の結果が他の科目より結果が良くありませんした。
苦手なところがはやり出来なかったようで反省していました。
むすこ本人もこのテストを通して、自分の弱点を再認識していました。

まとめ

4年生の後半から、「授業の復習」と「テストの振り返り」を
意識して取り組んでいる姿勢が見られ、結果が付いてきたと思われます。

このままの状態をキープできれば良いのでが、
そうはいかない時もあります。
その時に、いかにやる気を出させるかが親としての役目になります。